お誕生日ケーキを豪華に!子どもが喜ぶチョコレートプレートの作り方

ドタバタ子育て

誕生日やお祝いの日の楽しみと言ったらやっぱりケーキ!
わが家の子供たちもケーキが大好きです。
今はかわいいデコレーションケーキや好きなキャラクターのチョコレートプレートを作ってくれるお店もあります。

ですが、1週間以上前から予約が必要であったが忘れてしまった、そもそも近くにオーダーメイドのケーキを作ってくれるお店がない値段が高いなどさまざまな理由で用意できないこともあります。
私が住んでいる地域ではオーダーメイドのケーキを作ってくれる店が1件しかなく、また定休日には対応してもらえません。

そんなときチョコレートプレートを自作しようと思い調べてみると意外と簡単に作れることが分かりました
今回はチョコレートプレートの作り方について説明していこうと思います。

安くて簡単に好きなキャラクターのチョコレートプレートが作れますよ。

簡単チョコレートプレートの作り方

用意するもの
・描きたいキャラクターの素材
・必要な色のチョコペン
・ホワイトチョコレート
・竹串やつまようじ
・お湯
・シリコンカップ
・キッチンペーパー
・ラップ
・食用色素(チョコペンだけでは表現できない色を作るため、なくても可)

作りたいキャラクターを決める

私は子供のお誕生日にキャラクターケーキを作ることが多いです。子供にどんなキャラクターがいいのかあらかじめリサーチしておきましょう。

キャラクターが決まったら素材となる絵や画像を用意します。

必要な材料を用意する

作る絵に必要な色のチョコペンを準備しましょう。チョコペンは100均のものでOKです。

クッキングペーパーや紙に作りたい絵を描く

画像を印刷できるのであれば用意しましょう。私はiPadに画像を表示させてクッキングシートに転写させました。同じように作る方は画面が動きやすいので、スクリーンショットをして画像から表示させた方が良いです。明るさは最大にするととても写しやすくなります。

絵を固定して上からラップをかける

トレーの裏やまな板の上に絵を固定し、ラップをかけます。ラップは動かないようにテープなどを付けておきましょう。

線を黒のチョコペンでなぞっていく

つまようじや竹串を使って線をなぞっていきます。チョコペンからそのまま描いてもいいですが、穴が太くなりやすく失敗しやすいので竹串などを使う方がおすすめです。失敗してしまった場合はティッシュで取り除いていきます。細かい線などで失敗してしまった場合は、一度冷蔵庫で固めてからチョコを取り除いてあげると綺麗に直すことができますよ。

チョコをシリコンカップに出して、お湯で温めながら使うと固まりにくくてgoodです。線をなぞり終わったら一度冷蔵庫で冷やしましょう。

細かいところから色を入れていく

色を入れていきます。細かいところを先にやった方が失敗が少なくなるため良いです。色が滲んでしまう可能性があるため、一度色を入れたら冷蔵庫で冷やして固めましょう。足りない色はホワイトチョコレートに食用色素を混ぜて作ります。

全て色が入りました。仕上げの前に冷蔵庫で冷やしましょう。

ホワイトチョコレートを上からかける

上からホワイトチョコレートでコーティングします。1cm前後の余白を作った方が割れにくくなるため良いと思います。

冷やして固めて完成!

上の方が少し滲んでしまいましたが完成です。あとはケーキの上に飾り付けます。

今回はキュアウィングとエルちゃんのチョコレートプレートを作りました。

皆さんもぜひ作ってみてくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました